1. HOME
  2. コレステロールを下げる悪玉コレステロール(LDL)が引き起こす病気とは?

悪玉コレステロール(LDL)が引き起こす病気とは?

不調に悩む女性の画像

悪玉コレステロール(LDL)は具体的にどんな影響を及ぼすの?

健康診断の結果などでもよく指摘されるのがコレステロール値です。健康特番などでもコレステロールがどうだとか、そういった特集はよく組まれており多くの中高年が注目しています。このように、コレステロール値が上昇することで体に様々な悪影響を及ぼすというのは、おそらく多くの方々がイメージできているでしょう。

ただしコレステロールと一括りにしていますが、実際には全てのコレステロールが悪いというわけではありません。コレステロールは善玉コレステロールと悪玉コレステロールの2つに分けられ、コレステロール自体は体をつくるためにも欠かせない脂質のひとつであり、全くなくなってしまえばいいものでは決してありません。あくまでも「悪玉コレステロール」が多いことが問題なのです。

もう一方の善玉コレステロールは、この悪玉コレステロールを回収してくれる働きを持っています。ただし善玉コレステロールばかりを増やせばいいというわけではなく、あくまでも双方がバランスの良い状態を保てることが理想です。このバランスが崩れて悪玉コレステロールが増えていくとどうなるのかというと、中高年の多くを悩ませる生活習慣病にかかる可能性が高くなります。

蓄積した悪玉コレステロール(LDL)が引き起こす生活習慣病

コレステロール値は検査を受けて数値を見てみなければ、それが高いか低いかを判断することができません。自覚症状として何か変化を感じるわけではありませんので、知らないうちに体の中でどんどん溜め込んでしまっている可能性はあります。

増えすぎると大事な血管を着実に弱らせていきます。血管壁にこびりつくようにたまっていき、血管を硬くさせたりコブのように血管を詰まらせていくなど、見えない所で悪玉コレステロールはどんどん血管を悪くさせていきます。このまま放置していくとどうなるでしょうか。心筋梗塞や脳梗塞などといった恐ろしい病を引き起こす可能性が高まります。

そういった症状が出て、はじめて動脈硬化が起こっていたのだと気づくことも珍しくありません。自分の体の中で今どのようなことが起こっているのか、それに気づくためには定期的に検査を受けることが大切です。そして悪玉コレステロール値が高い状態である、ということが分かったのであればすぐにでも対処することをおすすめします。

これといって自覚症状もないためについ放置しがちですが、知らない所で悪玉コレステロールは確実に体に異変を起こしています。サイレントキラーと呼ばれているのもそのためです。そしてこれは決して珍しい話ではなく、日本人にとって非常に身近なことなのです。普段脂っこい食事を多く食べている、とくに異常はないけれど中高年に差し掛かってきた、何か気になる症状がある、というちょっとした変化があれば検査を受けにいってみましょう。

正しい知識をもって予防し、必要ならば薬も

悪玉コレステロールが増えるのは、やはり食生活や日頃の過ごし方によっても変わってきます。体質というものもありますが、基本的にはバランスの良い食事や適度な運動を心がけることである程度予防することは可能です。まずはコレステロールに対する正しい知識をもつこと、これだけでも今後の生活習慣病を防ぐことはできます。

また、生活習慣を改めるだけではどうにもならないという場合は薬の服用が必要となることもあるでしょう。副作用や持病などがあるという場合はまず医師に相談し、自己判断で薬を飲む飲まないを決めないようにすることです。正しく服用することで危険な病を回避することもできるため、自分の体を思うのであればきちんと判断することも大切です。

© 2018 コレステロールを下げる|コレステネット All Rights Reserved.