1. HOME
  2. コレステロールを下げる1日1つのアボカドで悪玉コレステロール対策!減る秘密とは

1日1つのアボカドで悪玉コレステロール対策!減る秘密とは

2個のアボカド

バターといえば悪玉コレステロールを増やす高コレステロールな食品で、最大の敵という印象があります。しかし、森のバターとも言われるアボカドは悪玉コレステロールの対策をしてくれるというのです。

アボカドで悪玉コレステロールが減る?

森のバターと呼ばれるアボカドは、その名の通り豊富な脂肪分を含んでいます。それなのに、悪玉コレステロールを減らしてくれる。これには不飽和脂肪酸というものが大きく関係しています。不飽和脂肪酸には中性脂肪、悪玉コレステロールを減らすという、高コレステロールの人にはこれ以上ないくらいありがたい働きがあるのです。

そしてアボカドに含まれている脂肪分は、まさにその不飽和脂肪酸となっています。そのため、アボカドを摂取することで悪玉コレステロールが減少し、さらに、アボカドに含まれる栄養素がドロドロの血液も改善してくれるので、コレステロールが原因となるあらゆる病気の対策になるでしょう。

アボカドのビタミンも効果的

悪玉コレステロール対策となるのは脂肪分だけではなく、アボカドに含まれているビタミンEもです。ビタミンEには血中で酸化してしまった悪玉コレステロールを取り除くという役割があり、これによって血流をスムーズにしてくれます。

そんなビタミンEの摂取は意外と面倒なものですが、アボカドであれば1日の必要量の3割は含んでいるので、1日1個食べるだけで極端な不足を避けることができるでしょう。アボカドにはビタミンCも含まれており、こちらもコレステロール対策となる重要な成分なので、今すぐにでもアボカドを食べるようにしてはいかがでしょうか。

© 2018 コレステロールを下げる|コレステネット All Rights Reserved.