1. HOME
  2. コレステロールを下げる飲み物で手軽にコレステロールを下げる!減らせる飲み物まとめ

飲み物で手軽にコレステロールを下げる!減らせる飲み物まとめ

グラスに注がれた青汁

コレステロール値が高いのを放置しておくと怖いのは、心筋梗塞などの死につながる病気です。そんな恐ろしい病気と隣り合わせで生活するのは嫌だけど、運動でコレステロールを下げるのも面倒。という人のために今回はコレステロールを下げる飲み物をご紹介します。

お茶

ペットボトルに入っていたり葉っぱからお湯で抽出したりする、いわゆる一般的な緑茶のことです。これにはコレステロールの対策となる成分として、カテキンと呼ばれるものが含まれています。これは有名なので聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。そんなカテキンには食事から吸収されるコレステロールの量を減少させてくれる効果があり、実際に食事と一緒にカテキンを摂取しただけで血中コレステロールが減ったという研究結果も報告されているのです。

ちなみに、食事中に摂取する目安としてはお茶のペットボトル一本分。そこまで多いわけでもないので、食事となら簡単に飲めてしまうでしょう。自分で淹れたお茶の場合は、底の方に溜まっているお茶葉も一緒に飲んだ方が効果的なので、ちょっと苦手という人もコレステロール対策だと思って飲んでみると良いでしょう。

青汁

健康に良いとされる飲み物の代表、青汁もコレステロールを下げるのに効果的です。コレステロールの中でも悪い存在とされるLDLが酸化するのを抑えるのにはビタミン類が必要とされるのですが、青汁には豊富にビタミンが含まれているので、飲むだけで酸化を抑えて動脈硬化のリスクを減らしてくれます。

さらに、桑の葉で作られた青汁にはコレステロールの原因となる糖分をバリアする働きがあり、強力に吸収を抑え込んでくれます。コレステロールの上昇からくる高血圧もマグネシウムの力で改善するなど、コレステロールへの対策となる成分がいくつも詰まっているのです。

現代人は野菜不足が深刻と言われており、そこからくる高コレステロールな人も増えてきています。これを対策するには、まずは野菜不足を解消することが大切です。そんな時の助けにもなってくれることでしょう。ちなみに、お茶に含まれるカテキンが含まれている青汁もあるので、気にしながら選んでみると、よりコレステロールへの対策効果が高まります。

赤ワイン

アルコールはコレステロール上昇の原因となるのですが、赤ワインは少し例外です。赤ワインには他のワインには無いポリフェノールが大量に含まれており、これが血液をサラサラの状態にしてくれます。血液がサラサラになるということは、コレステロールによって動脈硬化になる可能性が低くなるということです。

これはぶどうを多く使っている赤ワインだからこそ成せる技なので、コレステロール対策で飲む際は赤にこだわってください。そして、飲みすぎは肝臓への負担となり、コレステロールを増やす原因になってしまうので、ほどほどにしておきましょう。1日の目安としてはグラスに2杯程度と言われています。

コーヒー

コーヒーに含まれる成分といえば、有名すぎるくらい有名なカフェインです。このカフェインは人間のテンションを上げて眠気を吹き飛ばすだけではなく、消化活動を促進し、脂肪分解能力を向上させる効果まで持っています。そのためコーヒーを食後に飲んでおけば脂肪を分解してくれるので、余分なコレステロールがつきにくくなるのです。

ただ、人間はすぐに免疫を作ってしまう生き物なので、コーヒーも飲み続けると効果が薄くなます。そこで、おすすめとしては10日くらい摂取をやめては飲み始めるを繰り返すこと。そうすれば効果が回復してくるのです。ちなみにカフェインの摂取しすぎは厳禁です。1日に5杯以上のコーヒーを飲んでしまうと、それだけで死亡率が上がってしまうと言われているので、せいぜい4杯に留めておきましょう。

© 2018 コレステロールを下げる|コレステネット All Rights Reserved.