1. HOME
  2. コレステロールを下げるコレステロールは体の中で作られる?原料や気を付けたいポイントとは

コレステロールは体の中で作られる?原料や気を付けたいポイントとは

座っている女性

コレステロールが体の中で作られるという事実をご存知でしょうか。コレステロールというのは実は体内で8割が作られ、2割が食事からとされているのです。今回はそんなコレステロールを増やさないために気を付けておくことと原料をご紹介します。

コレステロールが体内で作られる?

コレステロールは食事からも体内に入ってくるのですが、その8割は体内で生成されたものです。数値にすると600mg程度のコレステロールが体内で合成されており、食事からは150mg程度となっています。そんなコレステロールが作りだされるのは肝臓です。肝臓では毎日コレステロール量の調整が行われており、少ないと感じたときには必要に応じてコレステロールが合成されていきます。

そのため、食事でいくら減らしてもコレステロール0とはいかないのですが、そもそもコレステロールは人間が生きるのに一定量は必要なものです。コレステロールが体内に存在しなければ、生きていくのに様々な支障が出てくることでしょう。とは言っても過剰なコレステロールはやはり毒です。原料などには注意しながら食事の内容等を考えなければいけません。

コレステロールの原料は?

コレステロールが体内で合成される際、その原料は何でもいいわけではありません。主に糖質、脂質、たんぱく質という3つのものが原料となり、体内でコレステロールが合成されていきます。

糖質は主にケーキや菓子パンなど、いわゆる甘い物に多く含まれているものです。脂質は文字の通り脂の多い食事、揚げ物などに多く、たんぱく質は主に肉類となっています。これらは世間的に美味しいものと言われることが多く、外食では特に多く含まれていると考えておいていいでしょう。これらが原料となり、体内ではコレステロールの合成が行われています。

2種類のコレステロールに気を付けよう

体内で合成されるコレステロールには善玉と悪玉と呼ばれるものが存在し、これらは常にバランスを取りあうことで、体内環境を正常に保ってくれます。ただ、様々な理由から悪玉のほうが優位に立ってしまいがち。こうなるとコレステロール値が高くなってしまい、血管が詰まって動脈硬化が起きやすくなってしまうのです。

逆に善玉が多ければ血管が詰まることなく、動脈硬化のリスクもありません。こういった2つのコレステロールが体内には存在しているので、コレステロールを下げる時や、健康診断での結果では、これらのバランスにも気を付けてみましょう。

食事で気を付けるポイント

コレステロールは基本的に体内で絶対量を調整してくれているのですが、やはり食べ過ぎ飲みすぎになってしまうと過剰になってしまい、いわゆる高コレステロール状態になることがあります。これは主に先ほど説明した糖分、脂質、たんぱく質の摂取しすぎによるもの。いくら肝臓が調整してくれるとは言っても、摂取しすぎてしまうと処理しきれなくなり、体内でコレステロールを合成しすぎてしまうのです。

たとえば、肉中心、デザートの食べ過ぎ、お酒の飲みすぎ、といった食生活を送ってはいませんか。こういった食生活は体内にコレステロールの原料を大量に送りこんでしまうことと同じことです。続けていれば確実にコレステロールが体内に蓄積していき、動脈硬化のリスクが上昇します。

というわけで、コレステロールが体内で合成されすぎないように、まずは食事に気を配りましょう。これは難しいことではありません。今までの肉類や甘い物を少しだけ減らして、その分野菜を摂取するように心がければいいのです。野菜が苦手という人は青汁を飲むだけでも大丈夫。今までの食生活で増えすぎたコレステロールも野菜の栄養素で徐々に減っていくでしょう。

© 2018 コレステロールを下げる|コレステネット All Rights Reserved.