1. HOME
  2. コレステロールを下げる善玉(HDL)コレステロールと悪玉(LDL)コレステロールの違いとは

善玉(HDL)コレステロールと悪玉(LDL)コレステロールの違いとは

腕を組んで考え込む女性

テレビや雑誌などでコレステロールが体に悪いとよくいっていますが、実はすべてのコレステロールが悪というわけではありません。コレステロールの中にも2種類の存在があり、それぞれで役割が違うのです。今回はそんな2種類のコレステロールの違いについてお教えしましょう。

悪玉コレステロールとは

LDLコレステロールとも呼ばれる悪玉コレステロールは、その名の通り悪いコレステロールと考えておいて間違いありません。悪玉コレステロールとは肝臓に存在しているもので、そこから全身に送られていきます。その時、あまりにも量が多いと血管の中に蓄積していくのです。すると、その蓄積した悪玉コレステロールが原因となり、最終的に動脈硬化を引き起こす可能性があります。

ただ、完全に悪の存在というわけではなく、しっかり存在する意味もあるのです。それは、肝臓が合成したコレステロールを体内に運ぶということ。この働きによって血管が強くなっていくので、悪玉と言っても存在しないと困ってしまいます。ちなみに、悪玉コレステロールというのは低比重リポタンパクのことでもあるのです。

善玉コレステロールとは

悪がいるところに善がいる、ということで悪玉コレステロールに対して善玉コレステロール、通称HDLコレステロールというものも存在しています。こちらの働きは、悪玉コレステロールを逆と思ってもらえると分かりやすいでしょう。

悪玉コレステロールは体内にコレステロールを送りこんでいくのですが、善玉コレステロールは送りこまれたコレステロールを回収してくれます。それではイタチごっこで意味がないじゃないか、と思うかもしれませんが、あくまでも善玉が回収するのは余分なコレステロールだけ。

悪玉が送りこんだすべてのコレステロールを回収するわけではないのです。このような働きによって悪玉コレステロールによる動脈硬化を防いでくれるため、善玉と呼ばれています。

悪玉と善玉は共存

では、悪玉コレステロールが少なく、善玉コレステロールが多ければいいのかといえば、一概にそうとも言えません。先ほども話したように、悪玉にもそれなりの働きがあり、極端に減ってしまえば動脈硬化以外の部分で悪影響が出てくるでしょう。そのため、これらのコレステロールはバランスよく生存させることが大切です。

悪玉コレステロールが肝臓で作られたコレステロールを運び、余った分を善玉が肝臓に返却。まさに2つのコレステロールは共存関係なので、バランスを保って上げることが重要でしょう。

ちなみに、病院でコレステロールの値が高いと判断されたとき、そこに善玉と悪玉の比率が書かれていないことがあります。ですので、コレステロールの値が多かったという人は、その後のお医者さんの話もしっかり聞いて、善玉と悪玉の比率も教えてもらい、自分に異常が無いのか確認もしておきましょう。

バランスを保つ青汁

善玉と悪玉のバランスを保つとは言っても、大半の人は悪玉コレステロールが優勢な状態であり、まずは悪玉を減らさなくてはいけません。特に善玉が低下していると悪玉が増えやすく、悪循環にはまりがちです。

そこで、悪玉コレステロールを減らすために青汁を飲んでみてはいかがでしょうか。青汁に含まれる食物繊維には、腸がコレステロールを体内に吸収するのを抑える効果がありますし、ビタミンが血中のコレステロール蓄積を防いでくれます。

特に桑の葉が含まれている青汁には要注目で、桑の葉のDNJという成分がコレステロールの元となる糖分の吸収を阻害してくれるのです。さらに、桑の葉のフラボノイドにはコレステロールの値が上がらないようにする作用と、悪玉コレステロールが活性酸素によって酸化するのを防いでくれる作用があります。

© 2018 コレステロールを下げる|コレステネット All Rights Reserved.