1. HOME
  2. コレステロールを下げる調理方法もポイント!悪玉コレステロール(LDL)を改善する食事のコツ

調理方法もポイント!悪玉コレステロール(LDL)を改善する食事のコツ

料理をしている女性の画像

悪玉コレステロールを減らすには、コレステロールを多く含む食事を避けるだけではなく、調理方法自体も大切になってくるので、ここではコツを紹介しましょう。

悪玉コレステロールを減らす調理方法

悪玉コレステロールを改善する際に知っておきたい料理のコツとして、まず肉類の脂肪を落とすことを覚えておきましょう。たとえば、普段はフライパンで焼いている肉を網で焼いて余計な脂肪を落としたり、先に茹でておくことで脂肪分を減らしておいたり、お皿に盛る前にキッチンペーパーで余計な油を拭き取ったり。そもそも肉類というのは脂肪が多く、悪玉コレステロールが増える原因となるのですが、こうすることでかなり改善が見られます。

逆に魚に含まれている脂肪は悪玉コレステロールを減らしてくれるので、できるだけ減らさないように刺身で食べてみたり、焼くときもアルミホイルで包んでみたりするといいでしょう。肉も魚も揚げてしまうと、悪玉コレステロールを増やしてしまうことに繋がるので、出来るだけ避けるようにしてください。

野菜はドレッシングを避けよう

悪玉コレステロール改善のために、海藻類や野菜を多く摂取して食物繊維を摂り入れることが重要です。ただ、野菜にたっぷりとドレッシングをかけてしまうと、油の摂取しすぎになり、せっかくの野菜も台無しになってしまうでしょう。ですので、なるべくドレッシングは使わないように心がけ、使うとしても少なめを心がけて生の味を楽しみましょう。

© 2018 コレステロールを下げる|コレステネット All Rights Reserved.