1. HOME
  2. コレステロールを下げるマーガリンはNGなの?トランス脂肪酸とコレステロールの関係

マーガリンはNGなの?トランス脂肪酸とコレステロールの関係

マーガリンのイメージ画像

コレステロールについて考える!「マーガリン」はNGなのか

中高年に差し掛かる頃になると「最近、コレステロール値が気になって」というような会話を耳にすることも増えるでしょう。普段あまり意識することではないものの、健康診断などの結果を見てはじめて気になりだした方がほとんどです。確かに、コレステロール値は高ければ高いほどいいものではありません。本来からだにとってコレステロールは必要なものですが、これが増え過ぎてしまうと血管壁にどんどん蓄積されていき、恐ろしい動脈硬化の原因となってしまう場合があるのです。

コレステロールにも種類があり、善玉コレステロールと悪玉コレステロールとに分けられますが、血管を詰まらせたり動脈硬化を進行させてしまうのは悪玉コレステロールの働きです。つまりコレステロール値を下げる、ということを意識し始めたのであれば「悪玉コレステロールを減らす」ということを考えなければならないということです。悪玉コレステロールを下げるためにいい食材や、是非摂取したい栄養素などさまざまな情報が飛び交っています。そんななかで「トランス脂肪酸」というものを一度は耳にしたことがある方も多いでしょう。

実はこのトランス脂肪酸、悪玉コレステロールの増加を促すのということが、近年の研究によって分かってきています。そしてこのトランス脂肪酸を多く含むもののひとつが「マーガリン」といわれており、毎朝パンをよく食べる方にとっては非常に注目したい情報です。コレステロールを気にしている人は、マーガリンを使ってはいけないのでしょうか?

まずは「トランス脂肪酸」について知って、考えてみる

まず脂肪酸という名前がついているとおり、トランス脂肪酸のもとは油脂になります。この油脂をつくるものが脂肪酸やグリセリンという分子ですが、これらすべてコレステロールも含めて「脂質」と呼ばれています。脂肪酸と言うのは飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸に分類されますが、その不飽和脂肪酸は天然にできるものをシス型、加工などによってできるものをトランス型とさらに分けることができます。マーガリンなどは加工によってできるものですから「トランス脂肪酸」となるわけです。

このトランス脂肪酸は本来、食品などで摂取する必要がないものといわれています。なぜなら天然にできるシス型の脂肪酸の過程において、自然とトランス脂肪酸は微量に発生しており、わざわざ摂取してまでとるべきではないとされているためです。何よりトランス脂肪酸は悪玉コレステロールを増やし、善玉コレステロールを減らすという非常に厄介な性質を持っています。少量の場合はそれほど問題ありませんが、日常的にトランス脂肪酸を摂取する場合はあらゆる病気のリスクを高めているともいえるのです。

悪玉コレステロールを減らす食生活を目指す

つまりマーガリンなど、トランス脂肪酸を含むものはあまり多量に摂取しないことをおすすめします。もちろんそれだけでなく、脂肪をとりすぎることは血管にも負担をかけてしまうことに繋がるため、適度な摂取にとどめておくようにしましょう。一日の目安量としてあえて数値にするのであれば、トランス脂肪酸は約2グラム未満と言われています。ひとりひとりの活動量や体型によって多少変わってきますので、自分の体を考えながら摂取していきましょう。

トランス脂肪酸だけでなく食塩などの摂りすぎ、偏った栄養バランスにも注意が必要です。悪玉コレステロールを減らしていこうと考えているのであれば、マーガリンだけにこだわるのではなく、色んな食材をバランスよく食べることを考えるようにしましょう。まずは日頃の食生活を見直してみることからおすすめします。

© 2018 コレステロールを下げる|コレステネット All Rights Reserved.