1. HOME
  2. コレステロールを下げる魚に含まれるDHA・EPAでコレステロール対策!効果や摂り方

魚に含まれるDHA・EPAでコレステロール対策!効果や摂り方

DHA・EPAが含まれる魚

食生活にお魚を!今からできるコレステロール対策とは

食の欧米化が進んでいると言われる最近では、お肉料理が中心となった食生活も珍しくありません。もともと日本人は野菜や魚などをメインに食べてきましたが、最近ではそういった食生活は意識しなければ難しいでしょう。お肉にも栄養が含まれていますが、魚にはからだが喜ぶ様々な栄養がたっぷり。お肉だけでなく魚も取り入れた食生活が望ましいとされています。

まず普段の食事はいかがでしょうか?具体的な健康不安を抱えている方や、健康診断などの結果で気になる点がある、という方以外は「とりあえず食べたいもの」を基準に食事をとっていないでしょうか。基本的にはその食べ方は間違いではありませんし、好きなものを食べることは決して悪いことではありません。しかし健康を意識して食事をとることで、より体によい効果をもたらすことができると知ったら、そちらの方を選びたいとは思いませんか?

そこで先ほども少し触れた「魚」が登場します。魚料理は手間がかかる、においがある、なんとなく面倒。こういった理由から敬遠される方も多いのですが、最近では調理されているものや缶詰など、便利なものを活用することでぐんと料理がしやすくなっています。なぜここまで魚をすすめるのか、それは多くの方を悩ませている「コレステロール」に魚が持つ栄養が効果的であるからなのです。その栄養とは何か、詳しく解説していきましょう。

魚が持つ「DHA」や「EPA」がコレステロールに効く

まず魚がコレステロールに効くと言われている理由の一つとしてあげられるのが、多くの魚に含まれている「DHA」や「EPA」などの栄養素。「DHA」とはドコサヘキサエン酸のことで、一時期話題になったためご存知の方も多いでしょう。主に学習や記憶力を向上させたり、動脈硬化の予防や血栓を抑制するなど、記憶に関することや血管によい効果をもたらしてくれるなど健康に与えるメリットが非常に大きいことでも知られています。

もう一方の「EPA」はエイコサペンタエン酸と呼ばれるもので、アレルギー症状や心筋梗塞、脳梗塞の予防や改善に役立つなどDHAとにたような働きをすることが特徴としてあげられます。感染症を予防したり、メンタルの安定効果もあるなどその効果は非常に幅広く、こちらも健康維持に大きく役立ってくれる栄養素です。これらの主な働きからもわかるように、それぞれ悪玉コレステロールを減らしたり、血液をサラサラにしてくれる効果を持っています。

その効果を得るためにはDHAやEPAを多く含む青魚を中心とした献立にすることが一番ですが、それだけではなかなか補いきれない!という場合もあるでしょう。そういった方にはサプリメントがやはりおすすめです。サプリメントなら毎日気軽にDHAとEPAを摂取することができるので、魚を食べることを心がけながら効率よく栄養を摂取してみてください。なんでも食事だけで補おうとせず、うまく活用することが健康になるためのコツです!

自分のやりやすいスタイルをみつけることが重要

コレステロール値を意識した食事は魚料理だけにこだわるのではなく、お肉や野菜などもまんべんなく食べるようにしましょう。そのうえで毎日サプリメントを飲めば、しっかり栄養を補うことができます。絶対に食事から栄養を摂らなければならないというわけでもなければ、完璧にサプリメントに頼ればいいものではありません。コレステロールは一朝一夕で数値が変わるものではないからこそ、日々の地道な努力が大切なのです。自分の健康のためにできるスタイルを考えること、これが健康への近道です。

© 2018 コレステロールを下げる|コレステネット All Rights Reserved.