1. HOME
  2. コレステロールを下げる赤ワインがコレステロールに効く!効果のヒミツはポリフェノール

赤ワインがコレステロールに効く!効果のヒミツはポリフェノール

ポリフェノールを含む赤ワイン

健康にも効果的?「赤ワイン」がコレステロールに効く理由

最近のアルコール類の中でも人気があるのが「ワイン」です。酒は百薬の長という言葉にもある通り、適度な量のお酒を飲むことは体に良いとされています。なかでもこのワインはそのアルコールの効果と、ワインが持つ成分が健康に良いとされ多くの注目を集めています。そしてなんと、コレステロールにも効果を発揮することが分かっています。

赤ワインが持つ「ポリフェノール」のパワーとは

赤ワインには「ポリフェノール」という成分が含まれていることを多くの方はご存知でしょう。このポリフェノールこそが、悪玉コレステロールを減らすことに大きく役立ってくれるのです。悪玉コレステロールの酸化を防ぐことで、血液がドロドロになったり血管壁に張り付いて動脈硬化になることを予防してくれます。これによって様々な生活習慣病のリスクを低下させてくれるなど、非常に優れた効果を持っているのです。

他にも老化防止効果など、美容面でもよい効果をもたらしてくれます。もちろん飲み過ぎは体にいいことはありませんので、あくまでも適量を守るということを忘れないようにしましょう。お酒も飲み過ぎれば体に毒になるのです。赤ワインは基本的にスーパーで購入できる手頃なもので十分です。まずは一日一杯を目安に、楽しく飲んでみてはいかがでしょうか?適度なお酒はストレス解消にも役立つので、心身ともに健康な身体を目指すことができますよ。

© 2018 コレステロールを下げる|コレステネット All Rights Reserved.