1. HOME
  2. コレステロールを下げるストレスで上昇する?意外と知らないコレステロール値との関係

ストレスで上昇する?意外と知らないコレステロール値との関係

ストレスとコレステロール値の関係を知って驚く女性

コレステロール値とストレス、その意外な関係性とは

毎日の暮らしを送る中で、プライベートのことや仕事のことなど、何かとストレスを感じることが多い方は決して少なくありません。多少のストレスは仕方ありませんが、このストレスがどんどん積み重なっていくと心の負担だけでなく、体にも大きな負担がかかってきます。心と体は決して別物ではありませんので、ストレスを感じていると自覚できた時は速やかに体をやすめるのがおすすめです。

ストレスは心身に負担をかけることはなんとなく想像できるという方は多いでしょうが、コレステロール値にも関係していることをご存知の方は少ないのではないでしょうか。そう、一見すると全く関係なさそうなコレステロール値も、ストレスを多く感じている方はどんどん値が高くなっていく可能性が高いのです。それはストレスと自律神経の乱れが引き起こす体の働きによるものです。

自律神経の乱れは心が不安定になるだけでなく、肉体的にもダメージを与えていきます。例えば眠れなくなる、なんとなく体がだるくなる、肩こりや腰痛などそういった症状に現れることも少なくありません。そして先ほど触れたように、コレステロール値を高くしてしまうおそれもあるのです。なぜストレスによってコレステロールが高くなってしまうのか、その仕組みについて少し詳しくお話していきましょう。

自律神経の乱れによって起こる、コレステロールの変化とは

ストレスを感じると自律神経が乱れますが、このとき体ではどんな働きが起こっているのでしょうか。まず副腎皮質ホルモンなどが分泌されることにより、血液中のコレステロールや中性脂肪の合成が促進されてしまいます。さらにホルモンと同時に、カテコラミンというものも分泌されるのですが、これには血管を収縮させる作用が含まれています。つまりこの働きによって血圧を上昇させてしまうのです。

もちろん一時的なストレスだけがコレステロール値を上げていくわけではありません。ストレスを感じている期間がどんどん長くなれば長くなるほどコレステロールの合成は促進され、高脂血症などといった状態に発展するのです。現在コレステロール値を指摘されている方の多くはストレスを感じている可能性が高く、食生活だけでなく日々の生活を見直す必要も出てきます。

スポーツなど、何かしらストレスを解消する手段と十分な睡眠をとること、これを心がけるだけでもストレスを軽減させることは可能になります。ただ食べ物などだけが原因で起こるわけではない、これは意外とご存じない方が多い事実です。コレステロールや中性脂肪については、今の時代だからこそ、多くの方が悩まされている大きな一つの問題でもあるのです。

自分を労ることが何よりもの薬になる

コレステロール値を下げるためにはまず、基本的な生活を見直すことも大切です。できるだけコレステロールを上げない食材を選ぶ、善玉コレステロールを増やせるよう努力する、ストレスをためない、適度な運動と十分な睡眠を心がける。たったこれだけ、本当に難しいことは何一つありません。ただこのシンプルなことをほとんどの方は当たり前にできていないからこそ、今たくさんの方が健康診断の結果を見て一喜一憂しているのです。

辛い時は辛い、しんどい時は体を休める。自分の心と体から発せられるサインを正直に受け止めることも、コレステロール値を下げるために非常に大切なことです。まずは自分を労ることを最優先にしながら、今一度生活習慣の見直しを行ってみましょう。ストレスはコレステロールだけでなく、その他の病とも密接な関係にあります。たかがストレス、されどストレス。あまり甘く見すぎないことです。

© 2018 コレステロールを下げる|コレステネット All Rights Reserved.