1. HOME
  2. コレステロールを下げるレジスタントプロテインがコレステロールを下げる!含まれている食品とは

レジスタントプロテインがコレステロールを下げる!含まれている食品とは

レジスタントプロテインがコレステロールを下げる!含まれている食品とは

コレステロールを下げる救世主「レジスタントプロテイン」とは

健康のためにできることはひとつではありません。早寝早起きを心がける、人間の体は睡眠が基本ですからこれもとても大切なことです。食事療法や運動を取り入れてみる、これも人間の健康な体づくりのために重要です。どれも健康のために良いことばかりですが、毎日継続していくことは非常に難しくもあります。

元々この習慣がある方は問題ないのですが、殆どの方は健康診断の結果をきっかけに、健康について気になるようになって、など今までの習慣を見直し改善する必要がある方ばかりです。長年当たり前のように繰り返してきた行動を改めるということは口で言うほど簡単ではありません。途中で諦め、挫折してしまう方も残念ながら少なくないのです。しかしそこでやめてしまえば元の体へ戻っていくだけ。それならばやり方を工夫してみればいいのです!

例えばコレステロールを下げたい、と目的を持っている方におすすめしたいのは「レジスタントプロテイン」というものを取り入れることです。コレステロール値が上がってしまう原因を解消することで根本的に改善させよう、という目的に大いに役立ってくれるレジスタントプロテイン。あまり耳慣れない単語でどういうものか分からないという方も多いでしょう。ではこれは一体なんなのか、そしてどのように役立てていけばいいのかをお教えしたいと思います。

レジスタントプロテインを含む食品はどんなものがある?

まずこの言葉をそのまま訳すと「消化されにくいたんぱく質」となります。普通はたんぱく質が体内でアミノ酸に分解・そして吸収されるのが通常の働きですが、このレジスタントプロテインは分解しづらくなり、脂肪を吸着して一緒に体外へ排出させてくれるという少し特殊な性質を持っていることが特徴としてあげられます。ここまでお話しすればおわかりでしょう、この成分を多く含んだ食品を摂取すれば余分なコレステロールを低下させることができ、なおかつ代謝アップを期待できるようになるというわけです。

このレジスタントプロテインは決して珍しい食材に含まれているわけではなく、普段口にする機会の多い食材にもたくさん含まれています。例えば「蕎麦」にも含まれており、血中の総コレステロール値を減少させてくれるなど体に嬉しい効果をもたらしてくれます。蕎麦の健康効果は様々なものを期待できますが、コレステロールにも効果を発揮してくれるのです。

他にも「大豆」こちらも健康やダイエットを意識した食事には欠かせないもののひとつですが、大豆たんぱく質にレジスタントプロテインが含まれており、コレステロールをはじめ健康に役立ってくれます。普通の豆腐よりも凍り豆腐、つまり高野豆腐はよりレジスタントプロテインの割合が多いと言われておりより期待できます。

また「酒粕」にも多く含まれているので、注目です。特に甘酒は飲む点滴と言われるほど高い栄養を誇り、健康にも良いとされています。もちろんカロリーもそれなりにありますので飲み過ぎはいけませんが、コップ一杯程度を目安に続けるとコレステロールの低下や高い健康効果を期待することができます。

あくまでも体に有効な成分であり過剰摂取は禁物です

このようにコレステロールへ作用してくれる優れた働きを持つレジスタントプロテインですが、摂れば摂るほどいいというわけではありません。あくまでも体が必要としている範囲だけ摂取できればいいので、なんでもかんでも摂取しすぎないこと。ほどほどにを意識していきましょう。上手に活かしていけば体質を改善させることは十分可能です。健康のためにもまずは試してみてはいかがでしょうか。

© 2018 コレステロールを下げる|コレステネット All Rights Reserved.