1. HOME
  2. コレステロールを下げるくるみが悪玉コレステロールを減らす!適量を食べると下がる理由

くるみが悪玉コレステロールを減らす!適量を食べると下がる理由

くるみ

くるみがコレステロール値の改善に効果的な理由

おつまみやおやつに、くるみなどのナッツ類をおすすめされることがあります。実はとっても栄養価が高く、健康維持のために嬉しい成分が豊富に含まれていて、なかでも特にくるみは「コレステロールを低下させる」という驚きの働きを持っていることが分かっています。

その理由として、くるみに含まれる「オメガ3脂肪酸」がコレステロールに直接働きかけてくれることがあげられます。オメガ3脂肪酸とは、必須脂肪酸の一つで体内では作り出せない、外部から摂取する必要がある物質のひとつです。

同じような働きを持つものとしてDHA・EPAがあげられますが、これらはご存知の通り血液をサラサラにしてくれる効果を持つ物質です。これと同じく、血液にも効果を発揮しコレステロールを低下させることが明らかになっているのです。

様々な効果が含まれていますがあくまでも「適量」で

悪玉コレステロールだけでなく、動脈硬化の防止や生活習慣病の予防など、体によい効果をたくさんもたらしてくれる「くるみ」ですが、たくさん食べれば食べるほどいいというわけではありません。適量としては一日ひとつかみ程度、およそ30g弱ほど食べればそれで十分です。

食間や食前に食べることで満腹感も得られ、ダイエットにも効果的。スーパーなどでも気軽に手に入れることができるので、まずは毎日食べ続けてみてはいかがでしょうか?過剰摂取はおすすめしませんので、あくまでも適量にしておきましょう。

サラダなどに加えても美味しいです

くるみはそのまま食べてももちろん美味しいのですが、色々な工夫を楽しむことが出来ます。例えばお菓子づくりやパンづくりにも加えることができますし、食べ方はさまざまな工夫を盛り込みやすいのが魅力です。しかしそこまで手間をかけるのはちょっと、と思われる方も多いでしょう。

それならばサラダに加えてみてはいかがでしょうか。細かく刻んでさっとかけるだけ、たったこれだけでいつも食べている野菜もおいしさがアップするのでおすすめです。そのまま食べることでももちろん十分なのですが、飽きやすさを感じる方はこういった工夫を加えてみるのがおすすめです。

また、くるみを選ぶ際に注意したいのが「塩分が入っていないものを選ぶこと」これがおすすめです。塩分が入っているものを大量に食べるとやはり体にはあまりいい影響を与えませんので、袋を必ずチェックしてから手に取るようにしてください。

くるみもまたひとつ効果的な食品の一つであるということを頭に置いておけば、普段の食事の際にも意識するようになります。適度な量を守り美味しく食べながら、体へ必要な対策を行うこと。是非意識しながら毎日健康について、やれることはやってみましょう。

© 2018 コレステロールを下げる|コレステネット All Rights Reserved.