1. HOME
  2. コレステロールを下げるレシチンでコレステロール値を下げる!効果のワケと摂れる食べ物

レシチンでコレステロール値を下げる!効果のワケと摂れる食べ物

レシチンでコレステロール値を下げる!効果のワケと摂れる食べ物

コレステロール値を下げる「レシチン」とは一体?

体のことを考えた時、まず自分でできることは「普段の生活習慣の見直し」です。睡眠時間が不規則な方はできるだけ同じ時間に寝起きする、栄養が偏っていると感じる方はバランス重視のメニューにしてみたり、サプリメントを上手に活用してみる。このように基本的なことをひとつずつ見直し、改善していくことが最もシンプルで大切な方法です。しかしこれだけではただ漠然としていますので、これをベースにしながら「自信の気になるところを改善する」というのを目指していきましょう。

今回は中高年の方を中心に多くが悩んでいる「コレステロール値」について考えてみます。健康診断の結果から、コレステロールの値を注意されてしまった、脂質異常症と言われてしまった、など血液検査によって自分の状態を確認してはじめてコレステロールについて考えたという方も少なくありません。このコレステロールは人間の体を正常に保ち、健康をつくっていくためにも必要な脂質ですが、多すぎることによって血管壁へ貼り付き、血管を硬くしたり滞らせたりと厄介な状況を作り出してしまうことがあります。これは動脈硬化と呼ばれるものを引き起こす原因となり、脳梗塞や心筋梗塞などといった恐ろしい病の引き金ともなりうるものです。

そのためコレステロール値はできるだけ正常な状態を維持することが大切ですが、ここでコレステロール値を下げてくれる効果を持つ「レシチン」についてご紹介していきましょう。あまり耳慣れない成分かもしれませんが、実はレシチンによってコレステロール値を下げることができるのです。その仕組みと効果的に摂取する方法について少しお話ししていきます。

レシチンの効果と、摂れる食べ物とは?

レシチンが最も注目される特徴として、両方の性質を持っているということがまずあげられます。レシチンは油に馴染みやすく、また水とも馴染みやすい特殊な性質があります。つまりこれによって血管内にこびりついたコレステロールを溶けやすくする効果が期待できるのです。さらに、老廃物を血液中に溶かし込むことで血行を良くする効果も持っているため、あらゆる昨日の手助けとなってくれるのです。

コレステロール値を下げることももちろんですが、細胞の老化も防いでくれます。生活習慣病に関わるものの予防にも繋がれば、脂質コントロールにも一役買ってくれます。新陳代謝を促進させる効果も期待できるので、ダイエットや美容のためなどあらゆるものを体にもたらしてくれます。

レシチンを多く含む食品としてあげられるのが卵の卵黄、納豆や豆腐などの大豆食品、小魚などです。この他にもごま油やコーン油など、油にも含まれています。コレステロールを気にしている方ですと肥満傾向な方も多いので、大豆製品をメインに食べることをおすすめします。たんぱく質も豊富ですし、栄養面でも健康を目指す方にも体に優しい食品です。

食品で摂取しやすいので是非積極的に

レシチンのいいところは、色んな食品に含まれているので摂取しやすいという点です。それでも摂りにくいと感じる方はサプリメントならもっと気軽に摂取できるようになりますので、そちらもあわせて検討してみてはいかがでしょうか。コレステロールは多ければ多いほどいいというものではありません。あくまでもバランスの良い状態を保つことが健康のためのコツです。

またレシチンの不足によっては体が疲れやすくなったり、老化を促進してしまうこともあります。普段あまり意識していないレシチンですが、是非これからは注目してみてください。コレステロール値の低下だけでなく、美容や健康にもよい効果をもたらしてくれるはずです。

© 2018 コレステロールを下げる|コレステネット All Rights Reserved.