1. HOME
  2. コレステロールを下げるトクホで悪玉コレステロールは減る?特定保健用食品の効果とは

トクホで悪玉コレステロールは減る?特定保健用食品の効果とは

トクホで悪玉コレステロールは減る?特定保健用食品の効果とは

「特定保健用食品」コレステロールにも効果あり?

体のことが気になりだすと色んな健康食品に興味を持つ、という方は多いのではないでしょうか。最近はそういった意識を持つ方も増えているためか、様々な種類のものが販売されています。いずれも共通して言えることは「それを食べたり飲み続けることで効果を発揮する」というもので、薬のように数日飲めば改善されるという特効薬ではないということです。そのため大半の方は効果を実感できる前にやめてしまう、という傾向が見られるようです。

さて、その健康食品というジャンルの中でも少し目立った存在が「特定保健用食品」と呼ばれるもの。ここ数年でかなり定着してきましたがCMなどでは「トクホ」という略称を耳にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。これはその名前が示す通り、特定の保健の効果が期待できるというものに表示される食品のことで、最近では「血圧が高めの方」「血糖値や中性脂肪が気になる方」「コレステロール値が高めの時に」など、それぞれに特化した効果を持つことが示されています。

健康食品は基本的にその効果が期待できるもの、とやや曖昧なものであるのに対して、特定保健用食品はメーカーがしかるべき機関でそれが本当に効果があるもの、という科学的根拠を示して認められた場合に表記することが出来ます。これは効果に関してもそうですが安全性なども含めた基準であるため、これを取得するためにはかなりの費用がかかると言われています。つまり多くの方が気にしている「コレステロール」にも効果があると表記されている場合、かなり効果が期待できると言っていいでしょう。

コレステロールはからだに必要なものだけど

さて、先ほどもあげたコレステロールについてお話していきましょう。健康診断の結果でも指摘されやすいコレステロール値、ずばりこれは脂質のことであり多すぎるとあらゆる病気のリスクを高めてしまう可能性があります。ただしコレステロールといえばなんでもひとまとめで同じなのではなく、悪玉コレステロールと善玉コレステロールなどその種類はそれぞれに分けることが出来ます。大切なのはこのバランスをほどよく保つこと。なんでもコレステロールとつくものを減らせばいいわけではありません。

コレステロールというのは実は悪いことばかりだけでなく、体を構成する細胞膜という重要な構成成分のひとつでもあります。胆汁酸やホルモンなどを作り出すための材料ともなるため、あからさまに量が減るとこれらが作り出せなくなってしまうのです。対処しなければならないのはあくまでも、悪玉コレステロール値が高すぎる場合、善玉と悪玉のバランスが悪い場合、など特定の状況においてであることを忘れないようにしましょう。

それを分かった上で特定保健用食品、トクホの商品を使用するのはオススメです。コレステロール値を下げる働きが期待できるものは青汁などが多いので、是非試してみてはいかがでしょうか。効果が期待できないものには基本的にトクホマークはついていません。健康的に改善していくという目的を持っているのであれば、試してみる価値はあるといえるでしょう。

普段の食事もあわせて改善するのがおすすめ

ただしトクホだけをひたすらとっていればいいというものではありません。やはり基本的な生活習慣の見直しは必要になりますし、そのうえで使用する方が効果を実感しやすくなるのも事実です。トクホはあくまでも体の健康を助けてくれるサポート役、ぐらいに考えて使用するのがオススメ。そればかりに頼りっきりにならないようにしましょう。まずは効果を実感するために一ヶ月続けることからはじめてみてはいかがでしょうか。

© 2018 コレステロールを下げる|コレステネット All Rights Reserved.