1. HOME
  2. コレステロールを下げるピーナッツはコレステロールが多いって本当?実は下げる効果アリ

ピーナッツはコレステロールが多いって本当?実は下げる効果アリ

ピーナッツはコレステロールが多いって本当?実は下げる効果アリ

ピーナッツにはコレステロールを下げる効果がある?

健康診断の結果をきっかけに、色んな数値が気になりだした、という方は結構多いのではないでしょうか。実際正常値を超えている場合は数値を下げるよう指示されますが、その際真っ先に改善しようとするのが食事についてです。普段の食事程度では左右されない、という説もありますが食事から栄養を補うのは基本でもあります。決して無意味ではありませんので、食事を改善することは非常に重要なことといえるでしょう。

さて、数値の中でもとくに気になりやすいコレステロール値。この数値を下げるために有効な食材はいくつかあげられますが、なかでも注目したいのが「ピーナッツ」です。おつまみなどでもおなじみの食品ですが、ナッツとつくと脂質が多いイメージを持たれる方も多いでしょう。しかし、ピーナッツにはコレステロールを下げるための脂質が数種類含まれているのです。

食べ過ぎには注意して!

そのなかでもオレイン酸やリノール酸と呼ばれるものは、オリーブオイルにも近いと言われており抜群の効果を発揮します。アンチエイジングでもおなじみのビタミンEも配合されており、体の中から錆を防いでくれます。血圧を下げる効果も期待できるなど、あらゆる健康に役立ってくれるピーナッツは是非毎日積極的に食べたい所です。ただし脂質であることには変わりませんのであくまでも食べ過ぎない程度に、一日の適量を守って健康を維持していきましょう。

© 2018 コレステロールを下げる|コレステネット All Rights Reserved.