1. HOME
  2. コレステロールを下げるコレステロールを下げる薬「リバロ」の効果や気になる副作用について

コレステロールを下げる薬「リバロ」の効果や気になる副作用について

コレステロールを下げる薬「リバロ」の効果や気になる副作用について

コレステロールの薬「リバロ」について効果・副作用を知る

コレステロールを下げるためには様々な方法があげられます。まずは基本的なこととして、生活習慣の見直しは第一に言われることです。食事についてもそうですし、適度な運動など「健康のためにできること」を実行することがすべてにおいての基本となります。

そのうえでコレステロールを下げるために効果があるもの、を取り入れていくのが自力でできるコレステロール対策です。最近は健康食品などでもコレステロール値を下げる効果が期待できるものも増えてきています。特定保健用食品でも、コレステロール値改善のものはありますので、取り入れている方も多いようです。

しかしそれだけではどうにもできない、という場合や医師によって指摘された場合にはコレステロールを下げる薬を処方されることもあります。この場合は指示に従って薬を飲むのがいいのですが、その薬についてあまり詳しく知らないという方も多いでしょう。コレステロール値を下げる薬として代表的なのが「リバロ」というものですが、高脂血症用剤として使用されている一般的な薬です。

主な働きは肝臓でコレステロールの合成を抑えてくれる、というもので効果もかなり確実なものが期待できます。大きな特徴として、悪玉コレステロールのみを減少させ善玉コレステロールを増加させる、という非常に素晴らしいものがあげられます。効果もかなり確実なものが期待できるので、コレステロール値を下げるための薬として多くの方に使用されています。

薬としては非常に優秀、でも気になる副作用は?

コレステロール値が少々高いぐらいではすぐに何か健康に害をおよぼす、ということはありませんが、ずっとその状態が続くといずれ何かしらの症状が出てくる事があります。高脂血症の場合、心筋梗塞や脳卒中のリスクが高まるためそのリスクを低下させるためにもリバロは有効です。コレステロール以外にも、中性脂肪の低下にも効果が期待できるため、中性脂肪由来の高脂血症にもこの薬はオススメです。

しかしどの薬にも共通している事ですが、かならず副作用というものはあります。どんなに効果がある薬でも、薬である以上副作用のリスクというのは存在しています。ただしリバロの場合は比較的副作用が少ないとも言われており、それほど気にしなくてもいいことの方が多いようです。

しいてあげるとすれば筋肉に支障をきたす副作用があげられます。なかでも注意したいのが「横紋筋融解症」と呼ばれるもので、筋肉の低下によって手足のしびれや筋肉痛などが起きる症状のことです。これは放置するとやっかいなことに、歩行困難に陥ることもあるのです。

そのため、何か筋肉に異常を感じた場合はすみやかに医師の診察を受けることをおすすめします。ただ殆どの場合それほど気にする必要はありませんので、特別な異常を感じない限り普通に服用して問題ありません。気にしすぎることでそのような症状を感じる場合もありますので、基本的には普通に服用していきましょう。

向き・不向きはあるが見極めは医師による

リバロに限らずですが、やはり薬によって合う合わないというものはどうしても存在します。最近ですとネットなどで情報収集をできるようになったからこそ、自分に照らし合わせながらその症状を判断しようとする方も増えてきています。

自分の体にたいして前向きな姿勢を持つこと、知る姿勢を常に持ち続けることはいいことなのですが、自分だけで勝手に判断してしまうのはあまりおすすめできません。このリバロに関しても自分が薬を飲むべきかどうか、それを判断するのは自分ではなく医師です。あれこれ不安な気持ちになるのはわかりますが、まずは医師に相談しながら自分が飲むべきかどうかを決めるようにしましょう。

コレステロールとひとことでいっても悪玉・善玉とふたつに分けることが出来るように、ただそれだけで全てが決まってしまうわけではありません。自分が今どちらに対して対処しなければならないのか、それは血液検査などの数値を経て見えてくるものです。

この薬を飲んでみたい、試してみたいという気持ちを伝えることは構いませんが、医師がそれはおすすめできないというのであればまずはそれに従いましょう。どうしても使用してみて改善が見られない、そういう場合は再度診察を受けるか病院を変えてみるのも一つの手です。

日々の生活習慣の見直しも重要

また、ただ薬を飲めば全てが解決するわけではないということも今一度きちんと理解しておいてください。もちろん薬はサプリメントなどにくらべると即効性があるものですから、早い人であればすみやかにその効果を実感することが出来るでしょう。

しかしこれはあくまでも個人差があるため、薬だけで結果を待つのはあまりおすすめできません。毎日栄養バランスのとれた食事をとるようにする、早寝早起きを心がける、イライラを溜め込まないようにリフレッシュを意識する、といった健康のために意識していきたいことを続けていくことが大切です。

人間の体はとにかく自分自身の意識によって変わっていきます。便利な薬だけが全て解決してくれるのではなく、最終的には自分自身がどうしていきたいのか、健康であるためにはどうするべきかを考えていくことが必要になります。

そういったものもきちんと理解して実行したうえで薬を服用していくこと。そういった認識を持ってみてください。結局は自分がやらなければ全ては出来ないことなのですから、それを忘れないことです。

コレステロールの薬を飲めばそれで解決ではない

リバロは副作用も少なく効果をしっかり発揮してくれる優秀な薬です。医師に指示された通り飲みつづけることも大切ですが、やはり冒頭でも言ったように基本的な生活習慣の見直しは必要です。薬を飲んだからただそれでいい、といものではなく、薬を飲むことによって生活習慣の見直しを行うのである、という意識に変えていく必要があります。

自分の体のためにできるのはなんなのか、またそれを続けていくためにはどうすればいいのか。一度自分の体と向き合う時間をつくってみてはいかがでしょうか?それによって健康な身体に変えることは十分可能ですよ。

© 2018 コレステロールを下げる|コレステネット All Rights Reserved.