1. HOME
  2. コレステロールを下げるアーモンドが悪玉コレステロールを減少させるって本当?

アーモンドが悪玉コレステロールを減少させるって本当?

床に散らばったアーモンド

おつまみ感覚の「アーモンド」がコレステロールに効く

コレステロールを下げるためにはできるだけ脂っこいものを避けることが基本になりますが、食べないようにする対策だけでなく、逆に食べることでコレステロールの低下を狙うというのも一つの考えです。そこで役立ってくれる食品の一つがアーモンドなど、ナッツ類だということをご存知でしょうか。

チョコレートの中に入っていたり、おつまみなどで出されることも多いナッツ類ですが、普段から意識して食べている方はそう多くはありません。しかしアーモンドなどにはαリノレン酸、オレイン酸などが含まれていて、これらの成分が悪玉コレステロールを減らしてくれるというのが近年の研究により発見されているのです。つまり、普段から適量のナッツ類を食べていれば悪玉コレステロールを排除しやすい体を作れるというわけです。

賢く上手に食べてコレステロールをコントロール

このアーモンドなどナッツ類に含まれる成分によって悪玉コレステロールは減らすことができますが、優秀なのが善玉コレステロールには影響を与えないという点です。つまり不要な悪玉コレステロールだけに効いてくれるので、体にとっていい状態を維持できるということ。これは食べない手はありません。

もちろん沢山食べればいいというわけではありませんので、毎日20粒程度を目安として食べるようにするといいでしょう。おやつがわりに小皿に盛っておけば、あっという間に食べてしまいます。是非お試しあれ。

© 2018 コレステロールを下げる|コレステネット All Rights Reserved.