1. HOME
  2. コレステロールを下げる毎日たまごを食べても血中コレステロールが上がる心配なし

毎日たまごを食べても血中コレステロールが上がる心配なし

生卵の画像

たまごはコレステロールを上げるからダメは「間違い」

その昔、卵と言えば一般庶民が手軽に食べれるようなものではなく、非常に高級な食材の一つとしても扱われていました。今でこそ卵を当たり前に食べられるようになりましたが、最近まで「卵はコレステロール値を上げる控えたい食材」などと認識されていることもあってか、栄養はあるけれどあまり食べてはいけないものというイメージが強かったでしょう。しかしこの認識が誤りであった、ということをご存知でしょうか。

確かに卵にはコレステロール値を上昇させる働きが含まれています。これは以前から解明されていたことで、この事実こそが「卵=コレステロールの高い食品」という認識を生み出していました。しかし最近では多くの方がご存知のように、コレステロールは2種類に分けられています。

ひとつは血管を老化させたり生活習慣病のリスクを高める悪玉コレステロール、通称LDLコレステロール。もうひとつは悪玉コレステロールを血管から回収して生活習慣病のリスクを低下させる善玉コレステロール、通称HDLコレステロールと、同じコレステロールでも全く逆の働きを行います。

これらの働きからも分かるように、それぞれ体にとっていい働きと悪い働きがあるため「コレステロール値の上昇が良い・悪い」を一概に判断することはできないということ。つまり、仮に善玉コレステロールを多く含んでいたとしても「コレステロールが悪いもの」という大まかな認識を持っていると、良い食品すら悪い食品と認定されてしまうこともあるということです。

卵がまさにその通りで、卵はコレステロールを上昇させますがそれは悪い方ではなく、いい働きをしてくれる「善玉コレステロール」の方なのです。

毎日卵を食べるメリットはたくさんある

さて、卵を食べることは体にとってメリットがあるということがわかりました。卵を食べることで悪玉コレステロールの代謝を促し、悪玉コレステロールの値を低下させることもできます。卵に含まれるレシチンやオレイン酸などは、善玉コレステロールを増やしてくれる働きも持っているため、毎日卵を食べれば常に体の中をベストな状態に整えやすくなるというわけです。

また血中の糖の代謝にも必要な栄養素もたっぷり含まれています。今まで思っていた卵のイメージが、全く逆になった!という方も多いのではないでしょうか。また卵は完全栄養食品とも呼ばれており、良質なたんぱく質を得ることができるなど健康のためにも欠かせない食材の一つです。誤った認識を改め、ぜひ毎日食べるようにしましょう。

ただし卵を沢山食べればそのぶん善玉コレステロールが増えて体にいいのか、というと決してそういうわけではありません。一日1~2個を目安に毎日食べること、これだけで必要な栄養分は補えるので食べ過ぎには注意しましょう。

やはり基本は野菜や海藻、果物や肉に魚など色んな食材を使ってバランスの良い食事を心がけること。これが何よりも大切なことになります。それを心がけた上で卵を食べれば、体にとって必要な働きをしっかり行ってくれるということなので、それは忘れないようにしましょう。

コレステロール値を正常な状態で維持する

正常なコレステロール値を維持する食事の基本はバランスがいいことです。コレステロールは先ほどもお話したように善玉、悪玉と分けられるように一概に悪いものであるという認識はできません。その他の栄養についても同じで、何でもその栄養ばかりを摂ればいいというわけではなく、程よくバランスよくを心がけることが重要です。

卵以外にも体が喜ぶ食材はたくさんあります。そういったものを極力、積極的に食べるようにしながらコレステロール値が正常な状態を維持するようにしましょう。

© 2018 コレステロールを下げる|コレステネット All Rights Reserved.