1. HOME
  2. 血液サラサラにする糖質の摂りすぎはドロドロのもと!血液サラサラにしたいなら糖分に注意

糖質の摂りすぎはドロドロのもと!血液サラサラにしたいなら糖分に注意

糖質の摂りすぎはドロドロのもと!血液サラサラにしたいなら糖分に注意

糖質は血液をドロドロにさせる!糖分には要注意

粘度が強く結構が悪くなってしまった状態を、一般的にドロドロ血液といいます。血流の悪化は体の中で悪影響をおよぼすばかりか、動脈硬化など重大な病の引き金となってしまうなど決して軽視することはできない事態です。当然必要な栄養も体に行き届かなくなりますし、老廃物を溜め込みやすい体にもなります。血液がドロドロになっていいことはほぼない、といっても過言ではないでしょう。

血液をドロドロにさせる原因の一つとして指摘されるのが「糖分」ですが、糖質を多く含んだ食事を続けることで血液の質を悪化させてしまいます。糖分というと砂糖など甘いもののイメージがありますが、実は甘いお菓子だけではなく、我々が普段食べているご飯やパン、小麦粉でてきたものにも糖分は多く含まれているのです。

サラサラの血液を意識しているのなら摂りすぎに気をつけて

血液をサラサラにするためには意識して糖質の量を減らすこと、これも非常に重要です。ただ全く摂取しないとなると、生命維持に支障をきたすため、あくまでも糖質の摂取量を減らす程度にとどめておきましょう。例えば白米の量を半分に減らすなど、ちょっとした心がけでも効果は出てきます。普段何気なく口にしていたものが糖質を多く含んでいる、ということは珍しくありません。まずは自分の食生活を見直し、そこから改善策を見出すことが有効です。さあ今日から血液ドロドロを卒業して健康を手に入れましょう。

© 2018 コレステロールを下げる|コレステネット All Rights Reserved.