1. HOME
  2. 血液サラサラにするアルコールはドロドロの原因になる?飲み方を変えて血液サラサラにしよう

アルコールはドロドロの原因になる?飲み方を変えて血液サラサラにしよう

アルコールはドロドロの原因になる?飲み方を変えて血液サラサラにしよう

アルコールを「血液サラサラ」に生かすための方法

アルコールを飲み過ぎると当然肝臓や体に負担がかかります。たくさん飲んで、ビールやお酒に合う脂っこくしょっぱいおつまみやおかずばかりを食べている、これでは当然血液はドロドロになっていくことが容易に想像できます。それならばお酒をやめるべき!と言いたいところですが、実はお酒自体にはそれほど悪いものはありません。昔からの言葉で「酒は百薬の長」というものもあるように、適量の酒はむしろ健康のためにもよいとされているのです。

いわゆる適量というのはビールの場合500ml、日本酒の場合は一合、ワインなら小さめのグラス2杯程度のことをいいます。あくまでも基準であるため、お酒に弱い方は量を少し減らしてみて、自分に合った量をみつけるようにしましょう。この量を飲むことで「血液サラサラ」の効果も期待できるのです。

お酒と上手に付き合うようにする

お酒を飲むことで血流を改善し、動脈の硬さを柔軟にさせることができます。これは動脈硬化の予防にも繋がりますので、健康に対して非常に効果が持てるでしょう。適量のアルコールは善玉コレステロールを増やすともいわれていますので、是非お酒が好きな方は毎日の量を調節して健康に生かしてください。もちろんお酒が苦手な方が無理に飲む必要はありません。あくまでもアルコールが体にもたらすものは害だけではない、というのを知っておくだけでも十分と言えるでしょう。

© 2018 コレステロールを下げる|コレステネット All Rights Reserved.