1. HOME
  2. コレステロールってなに?コレステロールと中性脂肪の違いについて

コレステロールと中性脂肪の違いについて

顎に手をあてて考え込む女性

「コレステロール」と「中性脂肪」の違いとは

健康診断の結果のなかでも特に注目されるのがコレステロール値と中性脂肪の数値。中性脂肪とはなんとなく名前から見てもわかるように、体の中の脂肪を表すものです。ところがコレステロールも同じく、体内の脂肪のことを意味するもので、お互い同じ「脂肪」というひとつのジャンルに属しているのです。

じゃあわざわざ分ける必要なんてないんじゃないの?とお思いかもしれませんが、それぞれが持つ脂肪の働きは決して同じものではありません。それぞれが数値として分けられているにはきちんと意味があるのです。

まずコレステロールの働きは、人間の体の全てを構成している細胞の周りを覆うものである「細胞膜」を作ったり、分泌されるホルモンを作るための成分として欠かせないものです。コレステロール値が高すぎると危険だ、と言われることも多いためなんとなく「コレステロールはだめなもの」というイメージも強いようですが、人間が人間として生きていくためにコレステロールは欠かすことができない大切な物質です。

もう一方の中性脂肪、こちらは体外から摂取した糖質やたんぱく質などの栄養のなかで余分になったものを、皮下の脂肪組織や肝臓などに蓄えられた脂質のことをいいます。必要に応じて脂肪酸となり、エネルギー源としても活用されるため、こちらも体を健康に動かすために欠かせないものです。

どちらも同じ脂肪でありながらその働きは同じものではありません。人間が生きていくためにも、脂肪はある程度必要となるのです。しかしどちらも脂肪は脂肪、血液中の脂肪濃度が高まれば動脈硬化のリスクを上げてしまうなど健康において問題が発生しやすくなります。そうならないようどちらも正常値を維持することが大切です。

悪玉コレステロールと中性脂肪は仲がいい?

それぞれの数値を気にしなければならないというのも注意点ですが、実は悪玉コレステロールは中性脂肪と密接な関係にあります。コレステロールには悪玉コレステロールと善玉コレステロールがありますが、血液中の中性脂肪が増えると善玉コレステロールが減っていく、というのが最近の研究結果によって分かってきました。

善玉コレステロールが減るということは血液中で悪玉コレステロールの回収が追いつかなくなってしまうため、悪玉コレステロールをどんどん増加させてしまうことにつながるのです。中性脂肪と悪玉コレステロール、それぞれがタッグを組めば悪い意味で最強になります。

血管内で活動していき、血管の柔軟性をなくしたり血管の内側の壁にどんどん不要なものを溜め込んでいきます。するとどうなるでしょうか、血流は悪くなってしまうだけでなく、心筋梗塞や脳梗塞など命に関わる症状を引き起こしかねません。このふたつが組み合わさることで、人間の命が脅かされてしまうかもしれないのです。

コレステロールだけでなく中性脂肪にも気をつけよう

リスクを上げないためにも、コレステロールは悪玉コレステロールの数値を特に気にしながら、あわせて中性脂肪の数値にも注目しておきましょう。それぞれがもし平常値よりも高めである、と診断された場合は医師の指示のもと、正しい対処法をとることをおすすめします。主に普段の食事改善や、適度な運動などを指導されますが、まずは自分ができることから今すぐはじめてみましょう。

コレステロールと中性脂肪は意識することで数値を下げることは十分可能です。しかしそのためには現在の自分の体の状態をよく把握しておくこと、毎日の食生活を変えてみるなど地道な工夫が必要です。ある日突然恐ろしい病に遭遇しないためにも、予防の意味を込めていまから対策をとるのがおすすめです。

© 2018 コレステロールを下げる|コレステネット All Rights Reserved.