1. HOME
  2. コレステロールってなに?悪玉コレステロール(LDLコレステロール)について

悪玉コレステロール(LDLコレステロール)について

頭に指をあてて悩む女性

「悪」ばかり?悪玉コレステロールが体に与える影響とは

「悪玉コレステロール」と聞いてとても健康そう!という印象を持つ方はおそらく少ないと言っていいでしょう。コレステロール値が指摘されるなかでも、もっとも重要視されるのがこの悪玉コレステロール、通称LDLコレステロールの数値です。名前からも想像できるように、体にとって重大な病気を引き起こしかねないやっかいなコレステロールです。

動脈硬化という病気を一度は耳にしたことがある方も多いでしょう。動脈硬化とは、血管内の内側に不要になった物質が溜まって狭くなったり、血管自体の弾力がなくなって硬くなってしまうなどして血流を悪くさせてしまった状態のことを言います。脳梗塞や心筋梗塞などは、この動脈硬化が原因となって起こる場合が多く、下手をすれば命の危険にも関わる重大な症状です。

この動脈硬化の原因となる一番大きなものが「悪玉コレステロール」なのです。本来、人間のからだにはコレステロールが必要です。細胞を維持するためにも重要ですし、脂肪の消化吸収を助けるために必要な物質でもあります。しかしあくまでもこれは正常な数値を維持している状態での働きであって、悪玉コレステロールが増加しすぎてしまうと先ほども述べたように血管内に不要な物として留まってしまいます。

血管内の壁に不要な物を溜め込み付着させてしまい、動脈硬化の原因となってしまうのです。からだの健康と生命を維持するためにも欠かせないコレステロールですが、多すぎるとまた生命の危機にも関わります。コレステロールと同じく注目されやすい中性脂肪、これも増えすぎることによって悪玉コレステロールを増やす原因となることがあります。ただ悪玉コレステロールだけに気を配っていればいいわけではない、ということです。

悪玉コレステロールの数値の正しい見方とは

悪玉コレステロールの量を判断するためには健康診断などで血液検査を受けることです。その結果を見てまず判断すればいいのですが、悪玉コレステロールと書いているためその数値に過剰に反応してしまう方も多いようです。悪玉コレステロールが多すぎる、治療が必要であると判断される目安は140mg/dl以上となりますが、それ以下の場合は基本的には下げようと躍起になる必要はありません。

正常な数値を維持できるよう、日頃の食生活などに気をつけていきましょう。ただし最近はこの悪玉コレステロールの数値だけでなく、善玉コレステロールの数値と比較した「LH比」という判断方法が注目されています。例えば悪玉コレステロールが正常な範囲の数値であったとしても、善玉コレステロールが低い数値であった場合動脈硬化のリスクが高い、ということが判断できる基準です。

悪玉コレステロールの値自体は問題ないという方も、一度LH比を確認してみるといいでしょう。もしかしたら治療の必要があるという場合も考えられます。

酸化を防いでコレステロールをコントロールする

悪玉コレステロールは単体で悪いものになりやすいですが、気をつけなければならないのは血管内での「酸化」です。悪玉コレステロールは酸化することによって血管内に留まりやすくなるため、酸化を防ぐことで動脈硬化を予防することにもつながります。酸化を防ぐためにはビタミンCやEなどを含む食材を積極的に摂るなど、毎日の食べ物や栄養に気を配ることが大切です。

また肝臓の機能を高めることも悪玉コレステロールを排出しやすくするために必要なことです。ただコレステロールのことだけを気をつけるのではなく、からだ全体が健康な状態を維持できるようつとめること。これが本当の意味でのコレステロールのコントロールにつながります。

© 2018 コレステロールを下げる|コレステネット All Rights Reserved.