1. HOME
  2. コレステロールってなに?脂質異常症ってどんな病気?コレステロール値との関係について

脂質異常症ってどんな病気?コレステロール値との関係について

脂質異常症という病気のイメージ画像

コレステロール値が気になる方は要注意「脂質異常症」とは

健康な時ほど無茶を重ねてしまうもので、いざ体調不良を訴える頃になると、血液や内蔵に異常が出ている場合がほとんどです。こういったことを防ぐためにも、普段から健康的な生活を心がけて体を維持していくことが大切ですが、人間分かっていてもなかなかできないもの。もう少し予防することの大切さが多くの人に理解されることが望まれます。

例えばケガをしたり痛みがあったりと、肉体に直接ダメージを受けていることが目や痛みを通して確認できれば、ほとんどの方が何かしら対処法をとるのが普通でしょう。しかしこれが内蔵や血管の中で起こっていることだったらどうでしょうか?おそらく、見えないものに対処も何もできないはずです。例えばコレステロール値が高いといったことは、普段の生活の中で気づくことはできません。血液検査などを通じてはじめて知ることができますが、こういった理由からも人は体内の異常に対して鈍感であるといわれているのです。

コレステロールというのは血液内の脂質のことですが、脂質は人間の生命と健康を維持するためにも大切なもののひとつです。どうしてもダイエットなどにおいて「脂」は敬遠されがちですが、これがなければ健康な身体をつくることは絶対にできません。しかし脂質が過剰にありすぎることも、また健康な身体を大きく妨げることに繋がります。脂質が必要量以上にある場合は「脂質異常症」とも呼ばれるなど、具体的な症状としても近頃は認知されているのです。

健康のためには「脂質異常症」について詳しく知る必要がある

実はこの脂質異常症と呼ばれる症状は、今まで「高脂血症」と呼ばれていました。なぜ名前が変わったのか、それにはコレステロールが大きく分けて2種類あることが大きく関係しています。まずコレステロールはHDLコレステロール、つまり善玉コレステロールと、LDLコレステロール、こちらは悪玉コレステロールと二つに分けることができます。異常と判断される目安の数値がありますが、一般的に「悪玉コレステロール」の数値が高いから「高脂血症」であると思われがちです。

しかし悪玉コレステロールの数値は正常範囲であるにも関わらず、善玉コレステロールの数値が低い場合、こちらも実は問題があり「高脂血症」と同じぐらい注意しなければいけない症状なのです。数値が低いにも関わらず「高」とつけることで誤解を招く、ということから現在の「脂質異常症」へと名称が変わったという背景があります。

この脂質異常症は血液中の脂質が多すぎることにより、血管内にコレステロールを溜め込んで血管を狭くしてしまうもの。この症状の恐ろしい所がまったく自覚症状がないこと、知らず知らずのうちに動脈硬化を進行させてしまうというところです。動脈硬化を放置しておくと、ある日突然、脳や心臓に大ダメージを与えて命を奪っていくことがあります。自覚できない部分だからこそ、特に注意しなくてはならない症状がこの脂質異常症なのです。

定期的な健康診断を受けてチェックしてみよう

このような事態を回避するためには健康診断を受けて、定期的に自分の数値をチェックすることが大切です。コレステロール値には特に問題がない、となっていてもそれに甘んじることなく日頃から食生活や生活習慣など、健康のためにできることに気を配るようにしましょう。血液中の異常については、残念ながら素人が常に確認する方法はありません。見えない部分だからこそより気をつけて、コレステロールを上げすぎない生活習慣を身につけましょう。日々のちょっとした一工夫が自分の体を守ります。できることからで構いませんので、まずはやってみましょう。

© 2018 コレステロールを下げる|コレステネット All Rights Reserved.