1. HOME
  2. コレステロールってなに?喫煙はLDLコレステロール値が増える原因に!タバコの与える影響とは

喫煙はLDLコレステロール値が増える原因に!タバコの与える影響とは

タバコ

タバコは「LDLコレステロール」を増やす?

タバコは体に毒、というのは今や世間の常識とも言えます。タバコを吸うことで得られる効果として、リラックスできるなどそういった声も聞かれますが、煙を吸ったり吐いたりすることは決して体にいいこととは言えません。喫煙によって起こるデメリットとしては、肺がんなどをはじめとするガンのリスクが上がってしまうこと、肌荒れ、老化を早めてしまうことなど様々なものがあげられます。

百害あって一利無しという言葉にもあるように、タバコを吸うことで起こるデメリットの方が多いように思います。またそれだけでなく、タバコを吸うことで血液にも悪い影響を与えることが分かっています。例えば健康診断で真っ先に気になる数値と言えば「コレステロール」や「中性脂肪」ですが、これらを増加させてしまうのです。

特にコレステロールの場合、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)を増加させてHDLコレステロール(善玉コレステロール)を低下させてしまうという、非常によくない影響を与えてしまいます。これだけではなく、LDLコレステロールの酸化をうながしてしまうため、動脈硬化を促進させてしまう結果に繋がるのです。今までなんとなくタバコを吸っていた方、これからも禁煙する予定はないという方。本当にこのままでいいのでしょうか?タバコが与える影響は、思っている以上に大きいのではないでしょうか。

今すぐタバコをやめたくなる?LDLコレステロールを増やさない方法

なぜここまでコレステロールの数値がどうだとか、タバコがよくないとかいわれているのか。それは血液内で起こっていることが「自覚できないから」というのが理由の一つとしてあげられます。最近なんとなく痛みがある、腫れている、などといった具体的な症状があらわれた場合、人は何かしら治療したり対処するはずです。しかし血液の変化はそういったことで確認する術が現在はないのです。

見えない所で静かに悪化していく、まさにサイレント・キラーといった非常に恐ろしいものだからこそ、ここまでコレステロールに対して強く言われているのです。LDLコレステロール値が高くなると、先ほども言ったように動脈硬化が起こりやすくなります。そして動脈硬化の先には非常に深刻な病気が待っています。脳梗塞や心筋梗塞など、ある日突然起こる命に関わる病。こんなに危険な病気が起こる可能性が高くなってしまうのです。

タバコを吸い続ければ吸い続けるほど、LDLコレステロールを増加させていきます。これを断ち切るためにはやはりタバコをやめてしまうこと、食生活を改善させることが有効となります。LDLコレステロールを減らす効果を持つ食物繊維やビタミンを積極的に食事に取り入れること、タバコを吸わなくともストレスを解消する方法をみつけたり、からだを十分に休める時間をつくることもLDLコレステロールを下げるために大切なことです。心と体を両方休めることで、体は健康な状態を手に入れることができるのです。

タバコをやめるのは一筋縄ではいかない?

悪いとは分かっていてもなかなかやめられないのがタバコですが、体のためを思うのであれば強い意志をもってやめる。まずはこれしかありません。それでもダメな場合は禁煙外来など、病院で適切な治療を受けながらやめることをおすすめします。そして食生活を見直したり、自分でできることを始めてみましょう。LDLコレステロールは体に必要なものではありますが、多すぎることは悪い結果しか呼びません。健康な身体を維持していくためにも、今自分が何をすべきなのか考えてみませんか?まずはそれが健康へのスタートラインとなるでしょう。

© 2018 コレステロールを下げる|コレステネット All Rights Reserved.