1. HOME
  2. コレステロールってなに?内臓脂肪が増えると悪玉コレステロールも増える?気になる関係とは

内臓脂肪が増えると悪玉コレステロールも増える?気になる関係とは

内臓脂肪が増えると悪玉コレステロールも増える?気になる関係とは

内臓脂肪と「悪玉コレステロール」は関係あり?

若い頃は特に気になりませんが、年をとると自分の体型が気になるという方も多いはず。特にお腹周りの脂肪は見た目にも影響しやすいため、できるだけ減らしたいと思っている方も多いのではないでしょうか。そのように見て分かる脂肪も厄介ですが、もっと危険性が高くさらに厄介なのが内臓脂肪です。内臓脂肪が増えると見た目に影響を与えるだけでなく、脂肪のせいで内蔵の働きを鈍らせてしまうのです。当然鈍ってしまった内蔵は、全身に影響を及ぼします。

例えば生活習慣病などのリスクも高まりますし、もっと進行すると動脈硬化など命に関わる症状とも関わってきます。最近何となくお腹周りの脂肪が気になってきた、という方はまず内臓脂肪に注意した方がよさそうです。そして内蔵だけではありません、実は「悪玉コレステロール」の心配もしなくてはなりません。内臓脂肪が増える原因の一つが中性脂肪が増えることですが、こうなると善玉コレステロールが減少し悪玉コレステロールが増加する事態に繋がります。当然、先ほども言った動脈硬化のリスクも上昇していきます。

しかしこの状況をただ指をくわえてぼんやり眺めているわけにはいきません。まず自分がなにをしなくてはならないのか、内臓脂肪と悪玉コレステロールについてどう立ち向かっていけばいいのか、早急に正しい対策をとる必要があるのです。

自分の体に敏感になっておくことが大切

内臓脂肪が増えることによって起こるのは、先ほども言ったように中性脂肪の悪化と善玉コレステロールの減少です。体によい働きをもたらしてくれる善玉コレステロールが減ってしまうと、悪玉コレステロールの働きが優位になってしまいます。悪玉コレステロールはただ血中に存在している程度であれば、外へ排出してやればそれでいいのですが、悪玉コレステロールを常に溜めやすい状態を続けていればいずれ排出しきれず、血管内で酸化してしまうのです。

当然酸化すれば動脈硬化のリスクは急上昇、血液もドロドロの状態となるため健康が損なわれ、ダイエットも成功しにくくなります。代謝が悪くなればなるほど、便秘になったり美容においても悪い影響を与えることは間違いありません。つまり内臓脂肪を増やせば増やすほど悪玉コレステロールを増やしてしまいかねないのです。

今自分の状態がどうなのかは、血液検査によって正確に知ること、そして定期的にウエストをチェックするなどして自分の体に敏感になっておくことが大切です。最近お腹周りが気になるようになってきた、というのは注意のサイン。もし定期検診などを受けていないという場合は、すぐに検査を受けてみてください。それで何もなければ問題ありませんし、何かあれば対処することができます。血液の状態は自分で知ることは難しいので、まずは検査を受けることから始めてみましょう。

悪玉コレステロールを増やさない習慣とは?

そして何より大切なのは自分の体をチェックした後です。毎日の食事は健康な身体づくりには欠かせませんので、できるだけ栄養バランスの整った献立を考えるなど工夫してみましょう。すべての栄養を完璧に補うことは難しいので、必要とあらばサプリメントなどを活用することもオススメです。なんでもすべて完璧にしようとするのではなくできることからやってみる、それこそが健康な身体づくりに大切なのです。

悪玉コレステロールは日々の習慣を積み重ねることで増加を防ぐことはできます。そしてこれを続けていくことで健康で丈夫な血管を作り上げることができるのです。内臓脂肪も悪玉コレステロールも、すべて別々のものではありません。それぞれに気を配りながら健康について考えてみましょう。

© 2018 コレステロールを下げる|コレステネット All Rights Reserved.