1. HOME
  2. コレステロールってなに?肥満の原因になる?気になるコレステロールと肥満の関係について

肥満の原因になる?気になるコレステロールと肥満の関係について

肥満の原因になる?気になるコレステロールと肥満の関係について

コレステロールは肥満を呼ぶ?健康のポイントとは

ちょっと最近太ってきた気がする、年をとってくるとだれでも脂肪はついていくものですが、もしそれがご自身で感じられるようになってきたら要注意です。人間痩せすぎもよくありませんが、太れば太るほどいいというものでもありません。何事もバランスよく、ちょうどいい状態を維持することが最も健康に繋がっていきます。

さて、その健康を意識する中でも特に気になるのがコレステロールや中性脂肪と言った、いわゆる脂質に関する数値です。血液検査などでHDLコレステロールやLDLコレステロールなどと書かれた項目を見かけたことがある方も多いでしょう。それぞれ善玉・悪玉コレステロールと分類することが出来、その数値から今の血液の状態を知ることができます。コレステロール値が高い、と指摘されるなかでも最も問題なのが「悪玉コレステロール値が高い」というものです。

悪玉コレステロールは血液中の、我々人間が見えない部分でそのパワーを発揮します。血管壁にこびりつき、血管を硬くさせ柔軟性を失くし、時には詰まらせてしまうこともあります。これは放置することで動脈硬化という恐ろしい自体を招き、脳や心臓などの近くで起こった場合は命にも関わります。このように健康に大きな害を及ぼす可能性を秘めたコレステロールですが、よく結びつけられるのが「肥満」です。コレステロールが高ければ肥満である、というイメージがありますがそれは確かにきっかけのひとつとして考えられます。しかし痩せていてもコレステロールが高い、ということも十分考えられるのです。

痩せているから必ず安心、ではありません!

結論から言うと、コレステロール値が高いことと肥満は直接の関係がないと言われています。確かに脂っこい料理やコレステロールを高くする食材を選ぶことで、コレステロール値が高くなり脂肪が溜まっていくというのは考えられます。

しかし体質や生活習慣によっては肥満であるがコレステロール値は正常である、という方も決して存在しないわけではないのです。逆に、先ほども言ったように痩せているのにも関わらずコレステロール値が高いという方もいます。これも体質やストレスなど、遺伝や様々な要因でそうなってしまうのですが、自分は痩せているから絶対大丈夫!という基準にはならないことを覚えておきましょう。

いずれにせよ、コレステロール値が高いと指摘された場合は対処しなければなりません。もし薬を飲む必要があると指示された場合は素直に従うことも大切です。しかし食事療法や運動などで改善できる、と言われた場合はできるだけ普段の生活を見直して改善するよう努力しましょう。栄養バランスをしっかり考えるのが難しい、という場合はサプリメントなどを使って賢く補うこともおすすめです。すべてを100%の力でやろうとすると途中で挫折してしまうので、使える物は使っていく、やる時はやるなどメリハリをつけて行動することをおすすめします。

肥満である場合はダイエットも視野に入れましょう

しかしいくらコレステロール値が正常だからといって、肥満のままでいるのはあまりおすすめできません。肥満であることは生活習慣病をはじめ、様々な病気のリスクを持っていることでもあります。過度なダイエットは危険ですが、できるだけ標準体重あたりになれるようダイエットをおすすめします。こちらも基本は食事を栄養バランスと量を考えてつくること、適度な運動を行うことになります。いずれも健康のためによいことですので、無理しない程度にやってみましょう。コレステロールと肥満は直結するものではない、しかし注意することは必要である。是非頭に入れておいてください。

© 2018 コレステロールを下げる|コレステネット All Rights Reserved.