1. HOME
  2. コレステロールってなに?痩せているのにLDLコレステロール値が高いのはなぜ?原因と対策方法

痩せているのにLDLコレステロール値が高いのはなぜ?原因と対策方法

痩せているのにLDLコレステロール値が高いのはなぜ?原因と対策方法

痩せていても要注意?LDLコレステロール値が高い原因とは

今までダイエットとは無縁に生きてきた、という方々は元々体質的に太りにくい、見た目に影響が出にくいタイプです。万年ダイエット地獄だ、という方からしてみればとても羨ましいことに思えるでしょう。確かにそれだけ聞いていると「痩せてる人はいいなあ」という印象を受けます。しかし残念ながら、見た目が痩せている=内臓脂肪もなく、コレステロール値なども正常である、とは限らないことが分かっているのです。

そもそも一般的なイメージとしては肥満=コレステロール値が高い、という根強いものがあります。これは健康診断の結果でコレステロール値が高いこと、それによって食事や運動などの指導を受けるなど、いわゆるダイエットする方と同じようなものを言い渡されるためではないかと考えられます。様々な要因が絡み合うことで、確かに肥満とコレステロール値の高さがセットになることはあります。しかし肥満だからコレステロール値が高い、でもなければ、コレステロール値が高いから肥満、とは決して言い切れないのです。

ではなぜ痩せているにもかかわらずコレステロール値が高くなってしまうのか、またそういった方はどのようなことに気をつければいいのかについて少しお話していきましょう。

痩せているのにLDLコレステロールが高い理由

まず痩せているのにコレステロール、特に良くないとされているLDLコレステロール値が高い場合に考えられる理由は「体質」がひとつあげられます。いわゆる遺伝的な要因というものですが、普通の人よりもLDLコレステロールを分解する力が弱い、というものです。これは検査を受ければ分かることなのですが、持って生まれた性質はそう簡単に変えることは出来ません。LDLコレステロール値が高い方と同じように、食事制限や運動を行うこと、また必要であれば薬を服用することで正常な値を維持できるよう努めなければなりません。

体質以外に考えられる理由としては、食事の内容が原因であることがあげられます。食べる量自体はそれほど多くなく、カロリーの消費に関しては問題ないため肥満まで至りませんが、食べているものが動物性由来のもの、つまりコレステロールを多く含むものを多く食べていることで数値を高くしてしまっている可能性が考えられます。食べる量に問題がなくとも、そのないように問題が隠されている場合もあるのでまずは一度食生活の見直しを行ってみましょう。

このように、見た目が痩せていることは必ず体が健康な証ではないということです。特に後者の理由でLDLコレステロール値が高い方は増えてきているため、今後ますます注意が必要になってくるでしょう。もしここ数年検査を受けていない、特に異常はないけど色々思い当たることがあると感じている方は一度血液検査を受けることをおすすめします。コレステロール以外にも、問題が発覚することもありますので早めの行動をおすすめします。

LDLコレステロール値を下げるためにおすすめなのは?

やはりどの状況に置いても言えることは「食事を改善する」ということです。食べているものにこだわることで、かなり体は改善されていくことでしょう。例えば食物繊維を積極的に摂る、これは便秘解消などだけではなく、体内に老廃物を溜め込みにくくすること、つまり不要なコレステロールを排出するためにも必要なものです。水分を補給することも大切ですし、血液をサラサラにしてくれる効果を持つEPAやDHA、食材ですと黒酢などもおすすめです。日常で小さなことを積み重ねていけば、体は必ず答えてくれます。自分は痩せているから大丈夫!ではなくまずはチェックしてみましょう。

コレステロール値が高いことは目に見えないからこそ

コレステロールはいわゆる血液内でのできごとであるため、一般的にパッと見た目だけでは「コレステロール値が高いかどうか」ということは判断しかねます。しかし、だからこそついつい油断してしまいがちなのです。コレステロールに限らず中性脂肪の値についても同じことが言えるのですが、数値が高いからといって今すぐどうこうなるかというとそういうことはありません。少々数値が高くてもすみやかに何かしらが起こるわけでなければ、殆どの方は油断してしまうことでしょう。つまり、目に見えて影響が起こらないものに対しては、つい対策を疎かにしてしまいがちなのです。

コレステロール値を正常に保つコツ

しかし影響が何もないと思ったら大間違い、確実に何かしらが起きる可能性は高まっていきます。時には動脈硬化など命の危険に関わるようなことともリンクしていくなど、多くの症状の引き金となってしまう場合もあるのです。また、コレステロールというのは一日二日ちょっと改善した程度では何も変わりません。毎日の生活習慣を見直すなど、具体的な行動を継続して行わなければ数値はそう簡単に下がらないのです。

食事の工夫の仕方

先ほども言ったように、食事を改善することはまず一番最初にやるべきことです。人間好きなものを好きなように食べていると多くの場合栄養バランスが偏ってしまいます。もちろん好きなものを食べるなということではありませんが、不足している栄養をきちんと把握してそれを補うことが大切なのです。食事で補うことができればベストなのですが、難しい場合はサプリメントなどを活用することをおすすめします。最近はコレステロール対策をうたったものなど、たくさんのサプリメントも販売されているので、そういったものを選ぶと間違いが少なくなります。

また、昔からおなじみの健康食品の一つ青汁も効果的です。コレステロールを下げるためには腸内環境を整えることが重要なのですが、青汁には食物繊維が豊富であることからその効果が期待できます。ビタミンやミネラルなど必要な栄養も配合されているので、健康維持も意識できて一石二鳥といったところでしょうか。

痩せているからといって決して安心することができないのがコレステロール値です。HDLとLDLコレステロール、それぞれのコレステロールのバランスをよく確認しながら必要な対策を行っていくようにしましょう。

© 2018 コレステロールを下げる|コレステネット All Rights Reserved.