1. HOME
  2. コレステロールってなに?加齢によってコレステロール値が増えるって本当?年齢と変化の関係

加齢によってコレステロール値が増えるって本当?年齢と変化の関係

加齢によってコレステロール値が増えるって本当?年齢と変化の関係

年齢が増えれば、コレステロールも増えるって本当?

コレステロールが増える原因としては生活習慣やストレスなどが主にあげられます。いずれも改善していく必要がありますが、実はこの他にもコレステロール値が上がる原因は考えられます。それは「加齢によるもの」です。若いうちはコレステロール値を気にする方は少ないでしょう。普通に生活し、自然と正常な値を維持することが出来ます。しかし環境の変化や体の変化によって男女ともに年をとるとコレステロール値が増える傾向にあります。

男性の場合は環境の変化が大きいと言われています。仕事で夜遅くまで働いている、責任ある立場に立たされストレスだらけの日々、などこういった状況がコレステロール値を高くさせている可能性が考えられます。この場合は自分の体を労ることが大切になります。女性の場合は環境もありますが、なによりも大きいのは「女性ホルモンの変化」によるものです。

女性は特にコレステロール値に注意が必要

女性は若い頃はエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンに体が守られています。これによってコレステロール値は正常な値を保つことが出来ていますが、閉経に伴って女性ホルモンの分泌が著しく低下します。するとそれにあわせてコレステロール値が大きく上昇してしまうことがあるのです。よって、女性は男性よりも特に注意が必要になります。また妊娠時に脂質異常症と診断される方も多いため、節目節目には注意が必要であると言えるでしょう。

© 2018 コレステロールを下げる|コレステネット All Rights Reserved.