1. HOME
  2. コレステロールってなに?コレステロールは低すぎても良くない?食事・生活改善で健康的に下げよう

コレステロールは低すぎても良くない?食事・生活改善で健康的に下げよう

コレステロールは低すぎても良くない?食事・生活改善で健康的に下げよう

低ければいいわけではない?体とコレステロールの関係

あなたにとって「コレステロールとはどんなイメージですか?」と聞いたとき、おそらく多くの方は「体にとってよくないもの」というイメージを抱くのではないでしょうか。それもそのはず、健康診断の結果をきっかけに数値を改善しましょう、とかコレステロール値が高すぎると病気のリスクが高まる、とかどちらかというとコレステロールに対するネガティブな記述ばかりが目立っています。確かに多すぎるコレステロールは体にとって何もいいことをもたらしません。血管壁に貼り付き血液の流れを滞らせたり、動脈硬化の原因を作ることもあるからです。

しかし100%悪いものか、といえばそうではありません。むしろコレステロールがあるからこそ体は健康を維持できるのです。逆に言えば、コレステロールが全くなくなってしまえば人間は健康を維持するどころか生命の維持さえできなくなってしまうのです。これはコレステロールが体に重要な働きをもたらしているからであり、人間の生命活動のために必要不可欠であることを示しています。コレステロールの主な役割としては「ホルモンを作るための材料となる」ことがまずひとつあげられます。男性・女性・副腎皮質ホルモンなど、人間に欠かしてはならないものばかりです。

また細胞膜を作る成分でもあるため、細胞を支える存在でもあります。さらに胆汁酸を作るためにも必要な成分です。このようにコレステロールが体に対して必要であることはあきらかであり、極端に数値が低い場合はあらゆる病気に遭遇する可能性も高くなるのです。

コレステロールが低すぎると体にどんな影響を及ぼすのか

コレステロール値が高い場合に起こりやすい病気としては心筋梗塞、脳梗塞、甲状腺機能低下症などがあげられます。いずれも悪玉コレステロールが血液の中に沈着することで起こるものばかりで、先ほども少し触れたように血管を詰まらせる事態を引き起こすことがあります。これはこれでもちろん命の危険に関わりますので、悪玉コレステロールを増やしすぎることは決してよくありません。

一方コレステロール値が低い場合に起こりやすい病気は栄養吸収障害、肝硬変、がんなどがあげられます。また免疫機能が低下することで色んな病気と遭遇しやすくなる可能性もあります。ただコレステロールはよくないもの、と誤った情報を鵜呑みにしてコレステロールをやたらと下げようとすることは全くおすすめできません。

このようにコレステロールに対して正しい知識を持つことは非常に大切なことであると言えます。一方的な情報ばかりを信じるのではなく、なぜコレステロールが体に悪いと言われているのか、またなぜコレステロールが体にとって必要であるのかについて一度考えてみることも重要です。まずは血液検査などを受けて自分の今の数値はどれぐらいなのか、どのように改善していけばいいのかをきちんと見極めていかなければなりません。

正常な値を保つためにはどうすればいいのかを考える

高すぎても低すぎてもだめ、ということは正常な値を維持していくことが重要になります。そのためにできることはまず生活習慣の見直し、規則正しい生活もそうですがストレスをためないようにするなど、メンタル面でもしっかりケアしていくことが大切になります。必要な場合は薬を飲んでコレステロール値を下げることを選択することもあるでしょう。薬も副作用がどうだとか言われますが、医師の指示を守り正しく服用することで問題なく過ごせることが殆どです。もし不安なことがあれば医師に相談するなど、できることはなんでもやってみましょう。コレステロール値は必ず改善できます、前向きに行動してみてください。

© 2018 コレステロールを下げる|コレステネット All Rights Reserved.