1. HOME
  2. コレステロールってなに?コレステロールの量は関係する?脂質異常症の分類と原因について

コレステロールの量は関係する?脂質異常症の分類と原因について

コレステロールの量は関係する?脂質異常症の分類と原因について

単純で複雑?コレステロールの量の正しい知識とは

コレステロールについて詳しく知っている方はそれほど多くありません。大体の方は「コレステロールってあんまり多すぎると駄目らしい」その程度の認識を持っている場合がほとんどではないでしょうか。確かにそれは正解です。多すぎるコレステロールは体に害しか及ぼしませんし、脳や心臓など重要な器官にダメージを与えてしまうこともあります。最悪の場合生命の危機に陥ることもあるなど、世間でコレステロールについてうるさく言われるのはこういった背景があるからです。

しかしここで誤解してはいけないのが「とにかくコレステロールを下げればいい」という極端な意見を持たないこと、ただ単純にコレステロールのみに焦点を当てることはあまりおすすめできません。理由は色々ありますが、まずはコレステロールがただ一種類しか存在しない、というわけではないから。コレステロールの中にも善玉・悪玉と大きく分けて二つに分類することが出来ます。名前から見ても分かる通り、悪玉は血管内にこびりついて血管を詰まらせる原因を作るもの、善玉は悪玉を排出させるよう促してくれる働きを持っているもの、とそれぞれコレステロールにも役割が存在しているのです。

またコレステロール自体は健康な身体をつくるためにも欠かせない「材料」でもあるため、やたらとむやみにコレステロール値を下げればいいものでもありません。ただ、検査の結果などで指摘されたりした場合には改善する必要があるといえるでしょう。なかでも「脂質異常症」と診断された場合、早急に改善しなければなりません。この脂質異常症とはどのような場合に言われるのか、またその原因について考えてみましょう。

「脂質異常症」について考えてみる

まず脂質異常症とは血液中の脂質、つまりコレステロールや中性脂肪などが必要以上の量になって血管壁に溜め込み、血管内を狭くしてしまう症状のことを言います。この症状の特徴としては自覚症状がないことがあげられており、気づかないうちに進行しているという非常に怖いものなのです。この脂質異常症と診断される基準として、明確な数値が設定されています。

空腹時の血液中の脂質の数値で決まるのですが、まずLDL(悪玉)コレステロール値が140mg/dL以上の場合が「高LDLコレステロール血症」、120〜139mg/dL以上の場合が「境界域高LDLコレステロール血症」、いずれもこちらは悪玉コレステロール値の数値で決まるものです。

これだけではなく善玉コレステロールの数値も判断基準のひとつとなっています。HDL(善玉)コレステロール値が40mg/dL未満の場合は「低HDLコレステロール血症」となり、こちらも治療しなければならないラインとなっています。この他にはトリグリセライド、つまり中性脂肪値の基準も設けられているためこちらの基準で脂質異常症と診断される場合もあります。

総合的なコレステロール量だけでは判断できない

以前は悪玉・善玉と全てを総合したコレステロールの量だけで判断されてきました。しかし今はそうではなく、それぞれの数値がどの程度かで決まってきます。ですから仮に総コレステロール量が基準値を超えていたとしても、脂質異常症と診断されないこともあります。まずは自分の今の数値がどれぐらいなのか、それを知ることから始めてみてはいかがでしょうか。

コレステロール値に関しては生活改善や薬によって正常な数値を維持しやすくなっています。自分の体の健康を守るためにも、今一度見直してみてはいかがでしょうか。自覚症状がない異常は非常に怖い物ですから、自分は大丈夫!と過信しすぎないことです。

© 2018 コレステロールを下げる|コレステネット All Rights Reserved.