1. HOME
  2. コレステロールってなに?コレステロールの働きをしっかりと知っておこう

コレステロールの働きをしっかりと知っておこう

人差し指を頭に当てて考えている女性

コレステロールは体にとって大切なもの

血中コレステロールを下げるためにはこうするといい、コレステロール値が高いと命の危険に関わることがあるなど健康について調べていると恐らく「コレステロールは体にとって害を及ぼす」そんなイメージを持つ方も多いでしょう。血中に存在するコレステロールをなくしてしまえばそんな心配はしなくてもいい、極端にそんなことを思ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

しかしこのように悪者みたいに書かれるコレステロールも、実は生きていくために、そして体の健康を維持していくためにも欠かすことのできない大切なものなのです。まずコレステロールは何なのか、一言で言ってしまえば「脂肪」です。脂肪分カットとか脂質を控えるなど言われているように、これまたあまりいいイメージがわいてきません。

しかしこの脂肪は体の中で重要な働きをしてくれます。人間は何十兆もの細胞からできており、骨や筋肉、皮膚や内蔵など体内のあらゆる器官は細胞が集まってはじめて成り立つものです。その細胞は細胞膜と呼ばれる生体膜に覆われています。

そして細胞膜をつくるためにはコレステロールが必要なのです。つまりコレステロールが存在しなければ細胞自体を維持できないのです。そんな細胞膜は外部から有害な物質が入ってきたり、逆に細胞内から物質が出てしまわないようガードしてくれる役割も持っています。細胞レベルの小さな小さな話ですが、非常に重要な働きを行い、そのパワーは想像以上に強いのです。

コレステロールはただその言葉だけをなんとなくのイメージで捉えてしまうと、体にとって最も不要なもののように思われるでしょう。しかしこういった体の重要な働きを知ることで、今後向き合い方も大きく変わってきます。

ただ増やすのではなく正常な数値を維持する

人間のからだをつくる細胞レベルで非常に重要な働きを行うコレステロールですが、それ以外にも体に必要な機能をサポートする役目も担っています。脂肪を消化するためには胆汁酸が必要ですが、この胆汁酸をつくるための「もと」となるのがコレステロールです。この胆汁酸によって脂肪を溶けやすくしたり消化吸収を助けてくれる役割も持っています。

コレステロールが不足していれば当然これらの働きや機能も低下してしまいますし、体の健康を維持することが難しくなります。ただしからだにとって必要だからコレステロールはどんどん増やせばいい、とはなりません。ご存知の通り、コレステロールのなかでも「悪玉コレステロール」と呼ばれるものは、増えれば増えるほど動脈硬化など恐ろしい病気のリスクを高めてしまいます。

そうならないためにも「善玉コレステロール」とお互いのバランスがいい状態を維持し、からだにとって必要な分のコレステロールを維持できるようつとめなければなりません。多すぎても少なすぎてもいけないコレステロール。正常な状態を維持するためにはやはり日頃から食事などに気を遣う必要がありますし、中高年になれば若い頃よりも一段と気を配らなければならないでしょう。

コレステロールの働きを知って正しく向き合おう

コレステロールはからだに害を及ぼすだけの存在ではない、ということが分かっていただけたでしょうか。あまり多くの方には知られていないため、コレステロールの認識が改められたという方もいらっしゃるでしょう。そう、なんでも健康特集の偏った情報だけを鵜呑みにするのではなく、そもそもの正しい働きを理解することも大切です。

悪玉コレステロールと善玉コレステロール、両方のコレステロールのバランスを良い状態で維持できる、そのためには自分はどんなことができるのか。健康について今一度考えてみましょう。

© 2018 コレステロールを下げる|コレステネット All Rights Reserved.